名古屋の税理士なら【税理士法人心 名古屋税理士事務所】

税理士法人心

お役立ち情報

税理士の報酬の種類

  • 文責:税理士 内堀昌樹
  • 最終更新日:2022年7月19日

1 税理士の報酬の種類

税理士に相談し、依頼する場合、どの程度の費用がかかるのか気になる方も多いと思います。

ここでは、一般的な税理士の報酬の種類について説明していきたいと思います。

2 相談料

相談料は、税理士に相談する際に発生する費用です。

相談料は、通常、相談だけする場合に発生することが多く、後述する、顧問料等を支払っている場合には、相談料は別途請求されません。

そのため、契約がどうなっているのかを確認することが大切です。

3 顧問料

顧問料とは、税理士と納税者の間で顧問契約を結んだ場合に発生します。

日常の会計・税務の疑問を税理士に相談できる対価として、毎月発生することが多いです。

また、帳簿のチェック、記帳代行、経営相談、節税相談も含まれていることが多いです。

ただし、記帳代行を引き受ける場合には、別途顧問料を上乗せするという場合もあるので、業務の範囲を明確にしておくことが重要です。

4 決算報酬

決算書作成にかかる報酬です。

顧問契約は結ばずに、決算だけを税理士に頼むという契約形態もあります。

その場合は、毎月の税金に関する相談を税理士にすることはできない代わりに、年間の税理士報酬を低く抑えることができます。

また、最近は、顧問料の中に決算報酬を含める契約形態もあります。

決算の時に税金も払い、顧問料とは別に決算報酬も払うと一時的に資金繰りが悪化しますので、どのように税理士報酬を支払う必要があるのかは、よく検討する必要があります。

5 税務調査立ち合い

税理士が、税務調査に立ち合い、納税者の代わりに税務署と対応する際に発生する費用です。

税務調査当日までに問題点を検討する等の準備にも、報酬が発生することが多いです。

相場は、1日あたり4万円から6万円程度と言われていますが、その後修正申告するかどうかで税理士報酬も変わってきます。

どの程度費用がかかるのかについては、事前に確認しておく必要があるかと思います。

6 当法人の費用の目安

当法人は税理士費用のページにて、顧問料等の費用の目安を掲載しております。

実際に発生する費用・報酬は事案の難易度等によって変動いたしますが、目安を参考にしていただくことはできるかと思いますので、ご依頼いただく前にどうぞ一度ご確認ください。

税理士紹介へ

スタッフ紹介へ

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ